あなたの暮らしている街で、お気に入りの珈琲豆自家焙煎屋さんを見つける方法 | 例えば和歌山市で

スーパーマーケットや百貨店、コンビニエンスストアーやショッピングセンターで売っている、賞味期限が3か月~1年のオートメーション化された焙煎工場で大量生産される焙煎コーヒー豆商品に満足できないなら・・・。

そして、コーヒーを淹れる時に、香りと風味、それにコーヒーブルーム(コーヒーを淹れる時に発生する花咲くような膨らみ)を楽しみたいのなら・・・。

あなたの暮らしている街で、小さなコーヒー豆自家焙煎店を探してみてはいかがでしょうか・・・。

例えば、和歌山市で暮らしているのなら、和歌山市かその周辺のコーヒー豆自家焙煎店を・・。

 

f:id:ekawa:20190323132649p:plain

焙煎コーヒー豆の場合、「腐敗していない」と「新鮮な」は別の概念だと思います

焙煎コーヒー豆は、微生物の栄養源になるような成分はあまり含まれていません。ですから、微生物に悪さをされることが少なくて、アルカロイドのカフェインや抗酸化作用の強い成分がたくさん含まれているので、焙煎コーヒー豆の保存方法を間違わなければ、なかなか腐敗する食品では無いと考えています。

包装・保存状態が適正なら、焙煎日から1年くらい経過していても大丈夫だと思います。しかし、「腐敗していないコーヒー」と「古いコーヒーor新鮮なコーヒー」は、全く別の概念だと思います。

食品は、時間や日数の経過に伴って必ず劣化して行きます。焙煎コーヒー豆も食品ですから、当然、時間や日数の経過に伴って風味や香りが劣化して行きます。

新鮮な(鮮度の良い)焙煎コーヒー豆は、コーヒーの素晴らしい香りと風味を十分に持っています。しかし、古くなった焙煎コーヒー豆の風味や香りは、焙煎日から日数が経過しているわけですから、その日数分だけ劣化しています。

 

大量生産された焙煎コーヒー豆と新鮮な焙煎コーヒー豆

マスマーケットをターゲットとする焙煎コーヒー豆ビジネスの場合、誰でも気楽に購入できるリーズナブルな価格で焙煎コーヒー豆を販売する必要があります。そのためには、自動化された大規模なコーヒー豆焙煎工場で大量生産して生産性を上昇させる必要があります。しかし、大量生産した焙煎コーヒー豆を売り捌くには、それなりの日数が必要です。

焙煎日から日数が経過していない新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆を売るなら、大量生産では無くて少量生産で対応するしか方法がありません。

新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆の場合、焙煎の仕方がコーヒーの風味や香りにもろに影響して来るので、小型生産用コーヒー豆焙煎機を駆使して時間を費やして丁寧にコーヒー豆を焙煎加工しなければなりません。

 

少量生産の自家焙煎コーヒー豆は価格が高い 

街の小さなコーヒー豆自家焙煎店は、多品種少量生産で鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆を取り扱っているわけですが、手間がかかって生産性が良くないわけですから、当然、販売価格は高級に(高く)なります。

ということで、新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆の販売価格は、誰もが気楽に購入できる価格よりも高くなってしまいます。高い価格で販売できなければ、赤字になってしまうわけです。

コーヒー消費者の大半は、リーズナブルな価格で大量生産された焙煎コーヒー豆を消費しています。しかし、時にはプレミアム価格(高級価格)の新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆でコーヒーを淹れたいと思うことがあるかもしれません。

通信販売で焙煎日の表示している鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆を購入する方法もありますが、できれば、地元で鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆(焙煎日を表示した焙煎コーヒー豆)だけを売っているコーヒー豆自家焙煎店で購入するのがベストだと思います。

 

地元で鮮度の良い焙煎コーヒー豆を売っている自家焙煎コーヒー豆店を見つける方法  

そんな気分になった時のために、地元で焙煎日を表示した鮮度の良い焙煎コーヒー豆を売っているコーヒー豆自家焙煎店を見つけておくべきだと思います。

ハレの日に淹れるコーヒーには、鮮度の良い(焙煎日を表示した)焙煎コーヒー豆で淹れるコーヒーが似合っています。

こで、地元で焙煎日のわかる鮮度の良い焙煎コーヒー豆を売っているコーヒー豆自家焙煎店を探す方法です。年老いた珈琲豆焙煎屋なら、このようにして探すだろうという方法を紹介させて頂きます。

例えば、和歌山市で探す場合

例えば、和歌山市で煎りたて新鮮・鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆を売っている店を探す方法です。 

和歌山市で暮らしているのなら、Googleで「Coffee Roasters」、あるいは「自家焙煎コーヒー豆」、または「焙煎コーヒー豆」・「自家焙煎コーヒー豆」を検索してみて下さい。検索結果に地元の珈琲豆自家焙煎店が出てきます。

和歌山市以外で暮らしているなら、「Coffee Roasters 和歌山市」、「自家焙煎コーヒー豆 和歌山市」、「焙煎コーヒー豆 和歌山市」を検索すると、検索結果に和歌山市の珈琲豆自家焙煎店が出て来るはずです。

もちろん、google地図で検索することもできます。

コーヒー豆自家焙煎店のウェブサイトを確認する 

幾つかのコーヒー豆自家焙煎店のウェブサイトを閲覧して、賞味期限の短い鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆を販売しているか、自家焙煎コーヒー豆を詰める袋に焙煎日を記入しているかを確認します。

賞味期限の短い鮮度の良い自家焙煎コーヒー豆を販売しているなら、焙煎日を記入して販売しているのなら、そのコーヒー豆自家焙煎店は、そのことを必ずウェブサイトに掲載している(自慢している)はずです。

これだけの作業をするだけで、和歌山市内で煎りたて新鮮・香りの良い自家焙煎コーヒー豆を手に入れることかできるはずです。

煎りたて新鮮な自家焙煎コーヒー豆は地元がベスト 

地元でお気に入りの珈琲豆自家焙煎店を探すということは、地元の商売人を応援することを意味しています。また、地元の珈琲豆自家焙煎店を訪問してコーヒーの話を聞くことで、珈琲についての知識を習得できます。

他府県の珈琲豆自家焙煎店からオンライン通販で自家焙煎コーヒー豆を購入することもできますが、地元で最高の珈琲豆自家焙煎店を見つけることができたなら、そこで自家焙煎コーヒー豆を購入するのがベストの選択だと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えます。

できれば、店舗で購入する

地元の珈琲豆自家焙煎店のほとんどは、喫茶店スペースを持っていて、そこで焙煎コーヒー豆を小売販売しているか、自前の小売店舗で自家焙煎コーヒー豆を小売販売しています。できれば、地元の珈琲豆自家焙煎店の店舗に足を運んで、その店の自家焙煎コーヒー豆を購入することをお勧めします。

オンラインで購入することもできます

しかし、どうしても店舗に足を運ぶことができなければ、地元でお気に入りの珈琲豆自家焙煎店からオンライン通販で購入することも可能です。

煎りたて新鮮・香りの良い自家焙煎コーヒー豆だけを販売している珈琲豆自家焙煎屋店は、必ずオンライン通販でも煎りたて新鮮・香りの良い自家焙煎コーヒー豆を販売しているはずですから。

煎りたて新鮮な自家焙煎コーヒー豆には価値がある

自動化された工場で大量生産される賞味期限の長い焙煎コーヒー豆よりも、購入価格が高くなります。しかし、手づくりで丁寧に少量生産される自家焙煎コーヒー豆には、それだけの価値が十分備わっていると思います。