65歳以上の高齢者です。年金だけでは食べて行けないので働いています

和歌山市のエカワ珈琲店の店主が綴る雑記ブログです。ちなみに、エカワ珈琲店の店主は65歳以上の高齢者です。

 

もしかしたら、アマゾンのお客さんはアフリエイターなのかもしれません

f:id:ekawa:20190529193502j:plain

(画像は、アマゾンで売っているエカワ珈琲店の商品にリンクしています)

 

アマゾンは通信販売専業の小売事業者ですから、アマゾンのお客さんは一般の消費者です。でも、アマゾンの本当のお客さんは、一般の消費者ではなくて、ブログやサイトを運営しているアフリエイターなのかもしれないと考える時もあります。

書籍をアマゾンのサイトで検索して購入していたのは、もう何年か前のことで、最近は、訪問したブログやサイトのアフリエイトリンクを通してアマゾンから購入しています。

 

インターネットが普及していなかった時代、書籍を購入するきっかけは、新聞の書籍広告でした。現在はというと、訪問するブログやサイトが、書籍購入のきっかけを作ってくれています。

クリック報酬型広告やアフリエイトを導入しているブログやサイトは数多く存在していて、それだけで食べている人から、小額の小遣い稼ぎをしている人まで、いろいろなブログやサイトの運営者が存在しているのだと思います。

アマゾンは、それらのブログやサイトの運営者に、色々なタイプのアフリエイトプログラムを提供しています。

 

もしかしたら、アフリエイトプログラムを通じての売上は、アマゾンの売上の相当部分を占めているかもしれないと考える時もあります。

67歳の高齢者である私の小遣い稼ぎは、クリック報酬型広告が主なのですが、はてなブログを使っているので、アマゾンのアフリエイト広告も貼り付けて小遣い稼ぎをしています。(稼ぎは、月に3000円~4000円くらいです・・・)

もっともっと稼いでいる人がいるわけですから、今の稼ぎの3倍くらいの収入が生み出せたら幸せなのですが・・・、もっともっとアマゾンアソシエイトの学習をしなければと考えている今日この頃です。

 

ちなみに、67歳の高齢者である私の本業は、自家焙煎コーヒー豆小売専門店の経営ですから、アマゾン広告の貼り付け以外にも、アマゾンの利用方法が存在しています。

自家焙煎コーヒー豆をアマゾンマーケットプレイスで売るという方法ですが、もちろん、こちらの方にも挑戦しています。

www.ekawacoffee.work

巷のブログ・サイト運営者に、アフリエイトで活用してもらえる商品をアマゾンマーケットプレイスで販売することができればと考えているのですが、現段階では活用してもらっていないようです。(全く無名のブランドですから・・・)

ということで、私が運営管理しているブログやサイトに、アマゾンマーケットプレイスで販売している自家焙煎コーヒー豆のアソシエイト広告を貼り付けることにしました。

 

はてなプログを利用しているわけですから、アマゾンアソシエイトの広告は簡単に貼り付けられるわけですから。例えば、次のように・・・