66歳、年金だけでは・・・

老骨に鞭打って働いています。ただし、年齢相応の働き方ということで、徐々に労働時間(量)を減らしながらですが

 

 

若者たち

1966年(昭和41年)の2月~9月にかけてフジテレビ系列(和歌山では関西テレビ)で、「若者たち」というタイトルの伝説の連続テレビドラマが放映されていました。

最初、それほどでも無かった視聴率が、話が進行するに従って上昇して行って、人気が最高潮に達した頃、政治的な問題もあって放送が終了したという話を、何年か後に何かで読んだ記憶があります。

 

高度経済成長は始まっていましたが、まだまだ社会が経済的に不安定だった頃の青春群像を描くシリアスな青春ドラマだったと記憶しています。

当時、この番組を何回か観たように記憶しているのですが、中学3年生だった私には少し難しすぎて夢中になれるドラマでは無かったみたいです。

 

若者たち 三部作 DVD-BOX

若者たち 三部作 DVD-BOX

 

飛び飛びに数回観ただけなのに、物語の大雑把なストーリーは覚えています。何故かというと、テレビでの放送が中止になってから後、映画版が制作されて、その映画版を高校の講堂で開催された有料上映会で観ていたからだと思います。

「若者たち」の映画版は、150万人を動員する大ヒットだったと記録されています。

 

テレビと映画で大ヒットした「若者たち」ですが、黒沢久雄さんたちのフォークバンド『ザ・ブロードサイドフォー』が「空にまた陽が昇るとき・・・」と歌った主題歌『若者たち』も大ヒットしています。 

若者たち?空にまた陽が昇るとき

若者たち?空にまた陽が昇るとき

  • アーティスト: ザ・ブロードサイド・フォー
  • 出版社/メーカー: クロニクル
  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 その後、森田健作さん、森山直太朗さんら多くの歌手が、『若者たち』をカバーしていて、半世紀が経過した現在(2018年)でも、多くの人たちに親しまれています。

フジテレビ開局50周年記念DVD 若者たち

若者たち(坂本九)

若者たち(森山直太朗)

若者たち(坂本冬美)

フジテレビ開局55周年記念ドラマ 若者たち2014 ディレクターズカット完全版 DVD-BOX

 

2014年に『若者たち/リメイク版』が放映されましたが、第1話だけを観て、第2話以降は観ていません。60歳を越えた年齢のおじさんは、これまでの人生経験が邪魔をしているのか、素直にストーリーについて行けず、第2話以降は観ていません。

やはり、『若者たち』というドラマですが、半世紀が経過していても、その時代を生きる若い人たちだけが同調できるストーリーを持っている物語なのかもしれません。

 

ちなみに、五味川純平さんの「人間の条件」が数百万部を超える大ベストセラーを記録していた三一書房が発刊していた高校生新書シリーズで、「若者たち」の小説版が発行されていました。(1960年代の後半or1970年代前半) 

若者たち (1966年) (高校生新書)

若者たち (1966年) (高校生新書)

 
若者たち〈続〉 (1967年) (高校生新書)

若者たち〈続〉 (1967年) (高校生新書)

 

 「若者たち」と「続若者たち」の2冊を、高校時代に読んだ記憶があります。何か心に響く読後感があったのを記憶しているのですが、それは、青春のど真ん中で読んだからで、世間慣れしたおじさんが読んでも、ほとんど何も感じることは無くて、もしかしたら、中途で読むのを放棄してしまうかもしれません。