60歳から

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳ですが、年金だけでは・・・

65歳の高齢者ですが、年金だけでは食べて行けないのでお金稼ぎをしています。でも、それが楽しいわけです。

ブログで稼ぐ方法模索中

フェイスブックもツイッターも、アカウントを持っているのですが、使い方が理解できていません。

フェイスブックはほんのちょっとだけ使ったことがあるだけで、ツイッターは全く使ったことがありません。

もちろん、Line(ライン)は使ったことも、使おうとしたこともありません。 

 

f:id:ekawa:20160805172916j:plain

 

でも、ブログは2005年頃から使っているので、完全に慣れています。

ということで、エカワ珈琲店は、フェイスブックやツイッターやLine(ライン)を通じてコンピューターネットワークとつながるのをあきらめて、ブログとホームページ(自前のサイト)でコンピューターネットワークとつながる道を選択しています。

 

零細生業の年老いた商売人には、これまで慣れ親しんでいるブログやホームページ(自前のサイト)で、コンピューターネットワークとつながるのが向いているのかもしれません。

ホームページ(自前のサイト)は定型化していて面白く無いので、必要な時にしか訪問してもらえませんが、ブログは頻繁に更新することができて、面白い記事、興味をもってもらえる記事を掲載することもできます。

 

読者を楽しませるブログ記事を掲載することができて、定期的に訪問してくれる読者を多数獲得することができたなら、ブログを書くこと=ビジネスという図式が成り立ちます。

エカワ珈琲店は、今年(2016年)の2月から、note を利用して珈琲をテーマとした有料記事を販売しています。

 

毎月千円単位の売上ですが、コンスタントに売れていて、売れ行きは上昇傾向を示しています。

無名のエカワ珈琲店の有料記事が売れるということは、エカワ珈琲店が運営管理しているブログが貢献しているのだと思います。

 

エカワ珈琲店の運営管理するブログのページビューは、1日200~300くらいです。

これを、できるだけ速やかに、1日1000以上にもって行きたいと考えています。

ページビューが1日1000を突破すれば、エカワ珈琲店が興味を持っている、オンラインを利用するマイクロビジネスに相当な貢献をしてくれるはずです。

 

ブログ=マイクロビジネスでは無いと思いますが、ブログのページビューが増加することで、焙煎コーヒー豆小売(通信販売)や有料記事の販売、アフリエイトの成果報酬にプラスの効果を与えてくれるはずです。

また、キンドルでの自己出版やオンライントレーニングといったマイクロビジネスへの参入も容易にしてくれるはずです。

 

ブログ運営のエキスパートによると、丹念に構想を練って、美しい文章で内容の濃い記事を投稿したとしても、定期的にブログを訪問してくれる読者を多数獲得できなければ意味が無いのだそうです。

文章が下手でも、記事の内容がそれほど濃厚でなくても、できるだけ頻繁に読者の興味をそそる記事や読者に有益な記事を投稿して、定期的にブログを訪問してくれる読者数を増やすことに専念するのが良いということです。

 

ということで、文章は下手なのですが、できるだけ興味を持ってもらえる記事、できるだけ有益な記事をできるだけ数多く投稿して、できるだけ数多くの読者が定期的に訪問してくれるブログを構築しようと考えているエカワ珈琲店の今日この頃です。