60歳から

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

65歳ですが、年金だけでは・・・

65歳の高齢者ですが、年金だけでは食べて行けないのでお金稼ぎをしています。でも、それが楽しいわけです。

東京オリンピックが開催された年、そして、平凡パンチが創刊した年。

東京オリンピックが開催されの頃(昭和39年/1964年)、喫茶店で飲むコーヒー1杯の値段ですが、60円くらいだったと覚えています。

何故、覚えているのかというと、エカワ珈琲店の店主の母親は「純喫茶コロナ」という店名の喫茶店(住居兼店舗)を営んでいて、漠然としてですが、当時の喫茶店メニューや価格を覚えているからです。

続きを読む

20歳の青春、コロナマークⅡハードトップ

1970年の3月に高校を卒業して、1年間の大学受験浪人の末、1971年の4月に大学生となり、その年の夏休みに普通免許を取得して、中秋の10月に、中古車でしたが、トヨタのコロナマークⅡハードトップという、その時代の高級車を親に買ってもらいました。

続きを読む

とんびの時代(1980年代)を思い出しながら・・・

5年前(2012年)の1月14日、土曜日だったと思います。

午後9時から、重松清さん原作の小説「とんび」をドラマ化した、NHK版「とんび」の後半を、どういういきさつだったのか忘れたのですが、たまたま観ることになって、10数分も経たないうちにテレビにくぎ付けになってしまったのを覚えています。 

とんび (角川文庫)

とんび (角川文庫)

 
続きを読む

サラリーマンと自営業者

エカワ珈琲店の店主は、20代・30代と、15年近くのサラリーマン生活を経験しています。

公務員でしたから、収入・待遇など、すべてにおいて平均的なサラリーマンだったと思っています。 

汚れた英雄 (第4巻) (角川文庫)

汚れた英雄 (第4巻) (角川文庫)

 

10代の後半から20代の中頃にかけて、大藪春彦作品を10何冊か読んだ記憶があります。その中で、一番印象に残っている作品が「汚れた英雄」です。当時、徳間書店から発行されていました。 

続きを読む

元気な高齢者向け商売を、元気な高齢者が営む時代

日本人の平均寿命ですが、男女ともに延び続けているということで、日本国民の高齢化が急速に進んでいるわけです。

エカワ珈琲店の位置する和歌山市のような地方の町では、3人に1人以上は65歳以上の高齢者ですから、もうすでに高齢化社会に足を踏み込んでいます。

続きを読む

エカワ珈琲店の店主の世代

高齢化社会とは、若い人の人数が減少して、65歳以上の高齢者(老人)の人数が多くなる社会のことを表現する用語なのだと思います。

「Wikipedia/高齢化社会」も、

総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口(高齢者)が増大した社会のこと。

と説明しています。

(写真は、記事とは関係ありません。エカワ珈琲店店主の母校です。)

続きを読む

アメリカの青春映画「卒業」に登場した喫茶店「カフェ・メド(Caffe Med)」が閉店するそうです。

エカワ珈琲店の店主の高校時代、ラジオの深夜放送で、ある時期、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」が頻繁に流れていたのを覚えています。

アメリカの青春映画「卒業」の主題歌が、サイモン&ガーファンクルが歌う「サウンド・オブ・サイレンス」でした。

 

「卒業」は、 1967年に制作公開されたダスティン・ホフマン主演の大ヒット映画で、1968年に日本でも公開されて大ヒットした青春映画です。

f:id:ekawa:20161215173049j:plain

(wikipedia Caffe Mediterraneum より) 

続きを読む

風に吹かれて/ボブデュランと五木寛之と

『風に吹かれて』という言葉で、五木寛之とボブデュランを連想するのが、団塊の世代です。 

風に吹かれて

風に吹かれて

 

 エカワ珈琲店の店主は、読売新聞社から刊行された五木寛之さんのエッセイ集「風に吹かれて」を購入して読みました。その本は、2年か3年の後、古本屋さんで換金しました。

続きを読む